« オピニオン掲載 「仕事をすること――『ありがとう』伝えあう」 | トップページ

おじいちゃんのこと

 おじいちゃんのことを文章に残しておきたいなとはずっと思っていたのですが、なかなか書けず……。
 前に認知症の本について書いたページをいまも見てくれてる人がいるようだし、三回忌が近づいているし、印象に残った出来事を書き留めておきます。

 わたしは仕事で家にいることが多かったし、おじいちゃんとの相性もよかったので、最期の1年をほとんど一緒にすごした。1919年(大正8年)生まれ、大家族の長男だったおじいちゃんは91歳で、たまーに家族がわからなくなることがあった。
 お昼を食べて、何やかんやしながら2人で居間にいたとき、おじいちゃんが言った。
「あんた、どこの人だい?」
 どうも、施設か役場の人だと思っているらしい。正直、悲しいです。最初のころは、「わたしだよ!」なんて言って、余計に混乱させちゃったこともある。
 こういうときは話に乗ったほうがいいんだよなーと思いつつ、偽名を使うのもやるせないので、「さなえっていいますー」と名前はそのままで多少合わせて答えた。
「ほー、そりゃ偶然だ。うちの孫もさなえっていうんだよ」
 そうか、孫のさなえは覚えてるのか。いまのわたしはどう見えてるんだろ?
 しばらく偶然ですねーと会話をして、わたしがトイレに行ったか、別の部屋に何かとりに行ったか、髪型を変えたわけでも、服を着替えたわけでもなく、同じ姿で戻ってきた。
「おー、いまな、おまえと同じ名前の人がいたんだよ。不思議だなあ」
 ほんとに不思議だ。2人のわたしは、何がどう違ったんだろ?

 おじいちゃんと一緒にいて気づいたけど、「ぼけちゃったら、全部わからない」わけじゃないのね。日によって時間によって違うし、上で書いたみたいに一瞬で変わるときもある。身の回りの世話より(息子の嫁にやってもらうのは恥ずかしがった)、こういう内面的なこととか言動のほうが大変だったなあ。本人も、自分がおかしくなったのか? って悩んでた。この辺りをわかってもらえないことが病院や施設であって、お仕事忙しいんだろうけど、ちょっと知ってほしいと思った。
 いい人もいたけどね。おじいちゃんは耳がものすごく遠かったから、病室の本人の前で今後の話を深刻な顔でしてたら、聞こえなくても雰囲気で察したらしく、夜、不安定になった。で、話をするときは本人のいないところでと頼んだ。「え? でも(わからないんじゃ)……」って反応だったけど、説明したらわかってくれて、次からは扉の陰から一所懸命ばれないように呼んでくれた。かわいい人だった。

 あと、夜中にお気に入りのお店に餃子やらカツ丼を食べに行きたがることがあったなー。夜がわからないみたいだった。「行っても、夜だからお店やってないよ」と言うと、「おまえはかてえなー」と言われた。そういう問題か?

« オピニオン掲載 「仕事をすること――『ありがとう』伝えあう」 | トップページ

コメント

I’m completely enjoying as of it and that I have you ever bookmarked to ascertain out new stuff you'll post.. Can you also check

Your blog examination should widen your readership.I am really grateful for your blog post. I find a lot of approaches after visiting your post.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/58262352

この記事へのトラックバック一覧です: おじいちゃんのこと:

« オピニオン掲載 「仕事をすること――『ありがとう』伝えあう」 | トップページ

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック