« 本『世界の絵本・児童文学図鑑』 | トップページ | オピニオン21掲載 「読書と日本語表記――気にしすぎると支障も」 »

絵本 "Pitschi" Hans Fischer

 図書館って、洋書の絵本も置いてあったよなー。それでたしか何年か前に英語以外の絵本にも力入れてて、ボランティアか何かで訳つけてなかったっけ?
 と思って覗いてみたら、いかにもドイツ語~な背表紙を発見。まあ、英語でしたが、これは…と著者のプロフィールを見ると、やはりスイスのひとで、元はドイツ語みたい。
 というか、この本も著者もすごく有名らしい。知らなかった! ちょっと前に石川で展覧会してたそうです。


ドイツ語版(リンク先のAmazonで中が少し見られます)


日本語版(小さいサイズもあり。訳は石井桃子さん)

 まず手にとって、絵がかわいいー。犬びいきなわたしでもやられるぞ。そして、ぴっちをはじめ、名前がかわいいー。ぴっちの家族が、Mauli、Ruli、Grigri、Groggi とかね。お利口な犬も登場していて、こちらは Bello。

 お話は、きょうだい猫とは一風変わったぴっちがほかの動物になりたがって、「わあ、いいな!」と近寄っていっては、「やっぱりだめだ!」をくりかえすのですが……。この過程がね、ぴっちがまっすぐで気持ちいい。
 で、これ、ちょっと驚いたのですが、ぴっち、猫なわけじゃない? だからやっぱりほかの動物の真似するのも無理があるわけで、大変な目にあって、重病になってしまうんです。病気……。飼い主というか一緒に暮らしているおばあさんはもちろん、それまで会ってきた動物たちもすっかりぴっちのことを好きになってるから(読み手のわたしも)すごく心配して、みんなお見舞いに来てぼろぼろ泣いてる子までいる。
 でも最後は、思わず顔がにっこりする終わり方です。

 この本は "Der Geburtstag"/『たんじょうび』の続編だそうで、そちらも読んでみました。おばあさんの誕生日をみんなで祝う、こちらは犬のベロが活躍する話です。最後にちょっと、ぴっちが出てくるんだけど、そのときは続編のことは考えてなかったそうです。
   

« 本『世界の絵本・児童文学図鑑』 | トップページ | オピニオン21掲載 「読書と日本語表記――気にしすぎると支障も」 »

」カテゴリの記事

コメント

definitely a great post. Hats off to you! The information that you have provided is very helpful.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/54626161

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本 "Pitschi" Hans Fischer:

« 本『世界の絵本・児童文学図鑑』 | トップページ | オピニオン21掲載 「読書と日本語表記――気にしすぎると支障も」 »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック