« オピニオン21掲載 「ドイツ語の勉強――使う目的をはっきりと」 | トップページ | 本『世界の絵本・児童文学図鑑』 »

献血

 献血に行ってきました。
 行こう行こうと思っていて、つい後回しにしちゃってたんですよね。まあ、それというのも、ずーっと前に献血しようとしたらその日の体調がいまいちって断られたことがあって、まただめだったらなんかやだなあという気持ちがあるにはあったんです。で、今度こそ、初献血を、と。

 用紙に記入しながら質問を受けてたら、1980年以降に一定期間ヨーロッパ、アジアにいたことがあるか、という質問が。
 狂牛病やらクロイツフェルト・ヤコブ病やらの関係で、イギリスにいた人に制限があるのは聞いてた。でも、ドイツだしなー、かなり前だしなー。言わなくていいかなー、たぶん大丈夫だろうけど、一応言っておこうかな。
 
 そして、結果……だめだった。いや、2005年以降ならいいんだって。そのころには対策が立てられたってことなんだろうね。でも、1980~2004年に半年以上滞在してた場合は、献血、念のためにできないらしい。ちょっとショック。
 ほかにもいろいろ決まりがあるみたいで、献血できる人って思った以上に少ないんだなと思った。時間が経てば制限が緩和されるだろうから、またお願いしますと言ってもらいました。

 というわけで、最初の一文、正確には献血センターに行ってきました、なのでした。
 いやな予感はあたり、2度目の断念。いまだ1度もできず。縁がないのか、いつか献血はできるのか。

« オピニオン21掲載 「ドイツ語の勉強――使う目的をはっきりと」 | トップページ | 本『世界の絵本・児童文学図鑑』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/54462750

この記事へのトラックバック一覧です: 献血:

« オピニオン21掲載 「ドイツ語の勉強――使う目的をはっきりと」 | トップページ | 本『世界の絵本・児童文学図鑑』 »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック