« 館林でドイツ語講座 | トップページ | 映画 『アルマニヤ』と『ホテル・ルックス』 »

上毛新聞寄稿 「外国語を学ぶこと――異なる考え方にふれる」

 えーと、まずは、上毛って群馬のことね。だから、上毛新聞っていうのは、群馬の新聞です。いや、上毛=群馬ってわかる人の率がわからなかったもので、一応。だって、「群馬って関東なの?」とか聞かれたこともあるのよ・・!

 では、改めて。
 上毛新聞さんには、お世話になっている知人の紹介で、訳書の取材をしていただいたことがありまして(友好賞のときも来てくれた)。それで、ある日、「オピニオン21という欄に書きませんか?」と連絡いただいたのでした。
(うー、自営の仕事なのに、自分の紹介するのいまだに慣れない・・)

 この「視点 オピニオン21」は、群馬にかかわりのある人、数十名が日替わりで登場する欄です。毎年11月から1年間の担当とのことで、ほぼ隔月で6~7回書くことになると思います。タイトルどおり、意見になっていればテーマは自由、なのですが、やはり群馬で独日翻訳をしているという点に目をつけてくれたのだろうから、「ドイツ語/語学」と「翻訳」について書く予定です。ええ、僭越ながら。

 というわけで、第1回は「外国語を学ぶこと」。なんでドイツ語を始めたかとかその辺りから始めました。
 次は、翻訳ですね。打ち合わせ中に「どうすれば翻訳者になれるか」との質問がでたので、説明しつつどう意見にまとめるか、いま案をねっています。

 ネットでも読めるので、よかったら読んでください。
http://www.jomo-news.co.jp/news/kikaku/opinion2011/opinion20111213.html

« 館林でドイツ語講座 | トップページ | 映画 『アルマニヤ』と『ホテル・ルックス』 »

ドイツ語、翻訳など」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~ わー!すごい!!新聞に書いていらっしゃるなんて…!「異なる考え方に触れられる」というご意見、激しく同意です!外国語を通して視野を広げられる嬉しさですよねー。時代とともに変わっていく面もありますし、語学っていくらやっても飽きないし、深いですよねー。

わ、読んでくださったんですか! お忙しいところ、ありがとうございますー。
ねー、単純に読めるものも話せる相手も増えるし、「なんでこういう言い方するんだろう?」って思考の流れみたいな違いも感じるし(あ、なんかもっといい書き方できた気がしてきた・・)。
さらに翻訳だといろんな世界のこと知れて、ほんと飽きないし、深いですよねー。
ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/53532823

この記事へのトラックバック一覧です: 上毛新聞寄稿 「外国語を学ぶこと――異なる考え方にふれる」:

« 館林でドイツ語講座 | トップページ | 映画 『アルマニヤ』と『ホテル・ルックス』 »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック