« ドイツからの仕事 | トップページ | Googleのマウスオーバー辞書が »

Christoph Schlingensief

 この間、新聞を読んでいて思わず、あっと声を上げてしまった。
 日本の新聞の死亡欄に、クリストフ・シュリンゲンズィーフ氏の名前があったから。この人については前にもちょっと書いたんだけど、映画を撮ったり、舞台の演出をしたり、いろんなプロジェクトをしたり、しかもそれがなにかと物議をかもしたりしていた人です。
 49才。肺ガン。
 本が出ていたのでガンになったというのは聞いてました(So schön wie hier kanns im Himmel gar nicht sein!: Tagebuch einer Krebserkrankung)。でも、あほみたいですが、ほんとに死んじゃうんだなあ…。
 最近はアフリカに歌劇場を作るという活動をしていたらしくて、オフィシャルサイトを見ると、「花やロウソクの代わりに寄付をお願いします」と出てる。それと、今度は自伝を書いていたそうで、これが未完のまま今年中には出版されるそうです。

« ドイツからの仕事 | トップページ | Googleのマウスオーバー辞書が »

ドイツ語、翻訳など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/49268269

この記事へのトラックバック一覧です: Christoph Schlingensief:

« ドイツからの仕事 | トップページ | Googleのマウスオーバー辞書が »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック