« 本の雑誌"bücher" | トップページ | しばらく前にチェックした曲 »

久しぶりに書いた

 どう見ても、もうやってなさそうなブログでしたが、また書こうとは思ってたんです。
 えーと、今年の夏はドイツ系の企業で、赴任者向けのドイツ語レッスンなるものをやってました。一応、ドイツ語や英語を教えた経験はあるんだけど、発音からっていうのは初めてだった。それで、自分でも漠然としてたとこが気になって、ドイツ人の友人に"Ich glaube,~"と"Ich denke,~"の使い分けってどうなってる?と聞いたら、意見を言うときの"Ich denke"ってAnglizismusだって返事で、参考にそういうサイトのページまで教えてくれた。へー、英語発想のドイツ語なのか。けっこう聞く気がするんだけど。でも、過去の文で言うときって"Ich dachte"とか使わないか? と、思いついたのでまたもや質問中。denkenって「頭の中でこういうことを考えてる」って感じかな。
 あと、なんとこのブログを見てドイツ語勉強したいって人から問い合わせが来た! ありがたや~。10月から授業してます。うむ、群馬、一部埼玉あたりでこういう仕事がもっとできればいいのだが。募集します。

 それから~。あ、ずっと気になってた群馬は前橋にある「Schwestern Haus(シュヴェステルンハウス)」というお菓子さんにやっと行ってきた。「ほぼ日」で知られてる、ドイツ菓子を売ってる店ですね。うちからちょっと遠くて、週末3日間のみ5時までというとこなので、なかなかタイミングがつかめなかったんだよなあ。それで、ドイツ語学習者としてはやはり聞いてみたい「どうしてドイツなんですか?」という質問をしてみたですよ。そしたらとくにドイツということではなく、焼き菓子がよかったかららしい。リンツァートルテ食べたけど、美味しかったですよ。

 あとは、ブログ「東屋」さんのとこで紹介されてて知ったのですが(こちら)、「死刑廃止をめぐるヨーロッパの経験」と題して討論会や映画特集などが行われるらしい。「死刑」で「映画」ということで、クシシュトフ・キェシロフスキ監督(好きなんです)の作品が思い浮かんだが、上映されるみたいですね。あれ観たとき、「死刑も殺人ってことかなあ」と思った。そうそう、ドイツのトム・ティクヴァ監督ってキェシロフスキ監督が好きで、大学で講義受けたこともあるそうだ。何かで読んだ。キェシロフスキ監督の遺稿という「ヘヴン」をティクヴァ監督が撮ったと聞いたとき、「なんでかなあ?」と思ったんだけど、「ラン・ローラ・ラン」ですれちがう人のその後がバンバンバンと入ったり、それがやり直すたびに変わったりしてたシーン、あの辺り面白いなと思ったんだよなあ。ちょっとキェシロフスキ監督っぽいかも。インタヴュー読んで、なんか腑に落ちた。

*2013年1月18日追記
 『ラン・ローラ・ラン』への影響はそれどころじゃなかったですね。あの、3回やり直す形は、キェシロフスキが『偶然』でもろにやってました。趣きはだいぶ違いますが。主役の青年が美しい……。

« 本の雑誌"bücher" | トップページ | しばらく前にチェックした曲 »

ドイツ語、翻訳など」カテゴリの記事

コメント

はせさん、こんにちは~。お忙しかったんですね。でもドイツな日々を送っていらしたんですね!ちょっと話は飛んでしまうのですが、ティクヴァ監督の最新作「香水」が見たいな~と思っています。Laura rennt や Heaven とどうつながりがあるんだろう・・・あまりなさそうですが。

あ、ありちゅんさん、こちらまで来ていただいて。ありがとうございます~。お仕事、一段落したようで、ひと息ついてますか。
「香水」気になりますー。映画祭でやるんですよね。
そうそう、私はココログ、ベーシックなんですけど、フリーとちがう?のかな。次は検索機能つけてほしいですねー。
またそちらにもおじゃましますね。

うおおおお!!
めっちゃ久しぶりーー!!
・・・生きているか心配していただよ・・・。
なんだか、元気にアクティブな日々を送っているようで
安心しました。
こっちは、今ゼメ卒業でなんだかバタバタしてるよー!
またブログで近況報告してくださぃな。
また来るねー

おお、くまっこ。
こっちこそ生きてるか心配してただよ…。
達者でやってるようでなにより。コメントくれてうれしいっす。うす。
くまこも卒業かー。もうそんなになるんだね。
思う存分、思いっきり、わたわたしてくれー!(わたわたはしなくてもいいのか)

must say that overall I am really impressed with this blog. It is easy to see that you are passionate about your writing. If only I had your writing ability I look forward to more updates and will be returning.

definitely a great post. Hats off to you! The information that you have provided is very helpful.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/12360323

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに書いた:

« 本の雑誌"bücher" | トップページ | しばらく前にチェックした曲 »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック