« ディスカッション:現在における「過去」 | トップページ | 本「エクソフォニー」 »

絵本とか絵とか

 んーと、まずはこれかな。
 以前に書いた"Adieu, Herr Muffin"という絵本、ひょんなことから知ったんだけど、これ日本語訳がかなり前に出てたらしい。ちゃんと調べなかったのか、私…? 一緒に書いた「悲しい本」と両方読んだので、以前のページに感想書きました。

 絵本関係の話題で。3月23日~4月11日まで世界の人気作家14人の原画などを展示する「絵本ワンダーランド」というのがあるそうだ。ちなみに絵本の雑誌MOEで、この展示会の特集を10ページほど組んでる。で、新聞に使われていた酒井駒子さんという方の絵が気になって(サイトに出てる絵です)、ちょっと調べたら、いいです、よかったー。絵本の他に本の装丁などを手がけたのもまとめたサイトがあったので、リンクしておこう。あまり甘くない感じのほうが好みだな。さっそく図書館で「ゆきがやんだら」という絵本を読んでしまったよ。

 これはニュースなのですが、盗まれたゴッホ作品が戻ったらしい。こういう短い記事は後でなくなってしまうことがあるので、すみません、ロイターさんそのまま使わせてください。
「[アムステルダム 16日 ロイター] オランダの銀行、F. van Lanschot Bankiersに16日、7年前に盗まれたゴッホの静物画「The Pollard Willow」が返還された。
 数百万ユーロの価値があるとされるこの作品は、ゴッホがオランダ南部の町ヌエネンで暮らしていた時期の後半にあたる1885年に描かれたもので、1999年5月に同銀行の本店から盗まれていたが、このほど同作品の売却を試みた2人の男が警察に逮捕された。
 警察によると、同作品の保存状況は良好だという。」
 きちんと戻ってくるものもある。よかったです。

 よく聞いているドイツのラジオDASDINGで今週、Länderwocheというのをやってる。一週間かけてある国を特集するみたいな。新企画だと思うのだが、その第一弾が日本だった。なんでだろ。ドイツではいま、日本のいわゆるビジュアル系音楽が一部ではやってるらしく、ここのラジオでもたまにかかるから、そういうの関係あるのかな? 「『ビジュアル‐ケイ』っていうのは~」なんてそのまんま「ケイ」も使ってたよ。
 10年くらい前に毎号買ってた「STREET」って雑誌があって、ロンドンとかパリとかニューヨークなどでおしゃれさんの写真を撮って、それを文とかつけずにどんどん見せてくってものなんだけど、久しぶりに「まだあるのかなー」と本屋で見たら、あった! しかも、相変わらずの作りで。ただなんか立ってるところを正面からって写真ばかりになってたのでちょっと単調な感じもするんだけど、ときどきまた買おうかな~。なんかうれしかった。

« ディスカッション:現在における「過去」 | トップページ | 本「エクソフォニー」 »

ドイツ語、翻訳など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/9142829

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本とか絵とか:

« ディスカッション:現在における「過去」 | トップページ | 本「エクソフォニー」 »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック