« ここ何ヶ月でチェックした曲 | トップページ | 「乗り物」ニュース »

絵に関するニュースをまとめて

 さて、しばらく更新していなかったので、たまってます。
 というか、絵の盗難やらって多いのねえ…。最近、ずっと前に盗まれたムンクの作品を取り戻すまでを描いた本(ムンクを追え!)が出て、確かそれの書評で読んだのだけど、そういう人から見たら絵って値段はつくし盗みやすいものなんだそうだ。あー、あと、しばらく前に読売新聞で出てた贋作家の話も複雑な気持ちになったなあ。誰も気付かないっつって何千点も描いてたんだって。今はやめたらしいけど。では、時系列にそっていきます。

・"Lichtenstein-Bild zerschlitzt"2005年9月4日n-tvより。オーストリアのブレーゲンツにある美術館で、リキテンスタインの作品がナイフで切り裂かれるという事件があったそう。この時点では動機もわからず、その後の続報も不明。

・"Geraubter Rembrandt wieder da"9月16日n-tvより。こちらは取り戻した話です。2000年にストックホルムで盗まれていたレンブラントの作品が見つかったとのこと。売ろうとしていたところを犯人もろとも、ですね。よかったなあ。

・"Lindenberg-Bilder wieder da"10月18日n-tvより。これはね、申し訳ないんだけどちょっと笑ってしまった。ハンブルクでミュージシャンでもあるUdo Lindenbergという人の作品が盗まれ、すぐに戻ってきたらしい。リンクしてあるのは戻ってきたほうの記事なのですが、確か「なくなった!」の記事ではファンの仕業じゃないかなんて予測されてました。それが結局、持っていった人は、額に入ってないで机の上にあったから「Werbematerial」だと思ったって。チラシか何かだと思ったんでしょうね。ニュースになってて慌てたろうなあ。それにしても簡単に持っていけるもんだ。

・"Die Kunst des Munch-Raubs"10月25日SPIEGEL ONLINEより。もう有料になってしまっていて一部しか読めませんが。
 2004年にあったムンク作品盗難をネタにしたゲームが作られたそうだ。しかも、絵を盗られたムンク美術館が作った。これで画家や作品名を覚えてもらえるとか言ってたらしいが、さすがにその後発売中止になってた。

・2006年1月16日、クリムト5作品に関する判決が出る。第二次世界大戦中にナチス・ドイツによって接収された作品を、所有者の親族へ返還するようにとの判決がウィーン裁判所から出ました(contraさんからの情報です。ありがとうございましたー)。んで、一応リンク先は"Österreich kauft Bilder nicht"2月2日n-tvで、オーストリア政府が買い取るかという話も出ていたようなのですが、高くて無理、と。でも、返還された親族は作品をいくつかに分けて美術館にと考えているそうです。

・"Prozessbeginn in Oslo"2月14日SPIEGEL ONLINEより。ふたつ上のムンク盗難関連で、容疑者の裁判が始まったそうです。全員やってないと言ってるらしいが、何より絵がどこかが気になる。「燃やした」説も出てますが、警察はまだノルウェー国内にあるとみているそう。早くみつかるといいです。

・"Spektakulärer Kunstraub in Rio"2月25日n-tvより。ブラジル、リオ・デ・ジャネイロのシャカラ・ド・セウ美術館で絵画4点が盗まれる(ピカソの「ダンス」、ダリの「2つのバルコニー」、モネの「マリン」、マティスの「ルクセンブルク公園」、あとピカソの本)。犯人4人組は怪我人を出し、職員に警報装置と監視カメラのスイッチを切らせ、カーニバルにまぎれて消えていったそうです。どの絵も売るのは難しいから、すぐにでもお金を要求してくるのではないかと絵画に詳しい人がコメントしてますが、どうなるんでしょう。無事に返るといいなあ。
 追記 その後、監視員の話でピカソの絵が損傷していたとか、盗まれたマティス作がネットオークションに出品(これは本物なのか?)とか出てました。

追記
 盗まれたゴッホ作品が戻ったらしい。こういう短い記事は後でなくなってしまうことがあるので、すみません、ロイターさんそのまま使わせてください。
「[アムステルダム 3月16日 ロイター] オランダの銀行、F. van Lanschot Bankiersに16日、7年前に盗まれたゴッホの静物画「The Pollard Willow」が返還された。
 数百万ユーロの価値があるとされるこの作品は、ゴッホがオランダ南部の町ヌエネンで暮らしていた時期の後半にあたる1885年に描かれたもので、1999年5月に同銀行の本店から盗まれていたが、このほど同作品の売却を試みた2人の男が警察に逮捕された。
 警察によると、同作品の保存状況は良好だという。」
 きちんと戻ってくるものもある。よかったです。

« ここ何ヶ月でチェックした曲 | トップページ | 「乗り物」ニュース »

ドイツ語、翻訳など」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
「ムンクを追え」を検索してこちらに辿りつきました。
すごい情報量ですね!知らないことばかりで驚きました。

コメントとトラックバックどうもです。
サイトとブログ拝見しました。「青」にテーマを置いてとは面白いですね。イヴ・クラインという方は知らなかったのですが、もっと観てみたいと思いました。「青色百科」も素敵です。こちらからもトラックバックさせていただきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/8872381

この記事へのトラックバック一覧です: 絵に関するニュースをまとめて:

» 『合奏』も頼むよ!チャーリー [弐代目・青い日記帳]
問題です。 現存するフェルメールの作品の中で 以下の4作品に共通することは何でしょう? 「手紙を書く女と召使」 「合奏」 「ギターを弾く女」 「恋文」 ヒントはこの作品。 イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館「合奏」 正解は・・・ 「4作品とも盗難に遭ったことがある。」です。 簡単でしたね。[:汗:][:汗:] さてさて、その4作品のうちアイルランドのベイツ邸から盗まれた 「手紙を書く女と召使」をいかにして取り戻したかをスリリングに 記した一... [続きを読む]

» ムンクを追え! by エドワード・ドルニック [東京右往左往]
トーマス・クラウンの敵役の内幕を描いたもの。かなり面白い。 今年はダ・ヴィンチ・ [続きを読む]

« ここ何ヶ月でチェックした曲 | トップページ | 「乗り物」ニュース »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック