« 絵本の情報について | トップページ | 絵に関するニュースをまとめて »

ここ何ヶ月でチェックした曲

 まずは。何と言っても。
 大好きなバンド「Tomte」のニューアルバムがついに出た! 「Buchstaben über der Stadt」うれしいー。そろそろかなーと思ってたのですが、この2月に発売。ラジオ「DASDING」でもよくかかってますー。サイトのトップページで今のとこ全曲試聴できるようになってます。ラジオでインタビューしてたからリンクしとこ。あと、そのラジオのテレビ版インタビューも。まだちゃんと聞いてないんだよね。それで初めて知ったんだけど、ボーカルのThees Uhlmann はKettcarのメンバー二人と自分たちのレーベルを作ってるんだそうだ。ああ、ツアーも始まるみたいだし、行きたいなあ。
 「DASDING」関連でもうひとつ。しばらく前にドイツのミュージシャン限定で好きな曲の人気投票やってました。上位100曲がずらりとランキングされてて面白いぞ。

 あとは結構前にチェックしてた曲をメモしておこう。
 視聴できるとこって結構あるけど、スイスはバーゼルのラジオ「Radio Basilisk」だと「Sendearchiv」から曲がまるごと聞けるようになってます。著作権とかいいのだろうか。ラジオのアーカイブなので、指定した曲から始まってくれなかったり、そこで流したことないものだと聞けなかったりするけど。やはりというかアメリカ、イギリスあたりの英語曲が多いのですが、公共語が4つあるスイスだけあってドイツ語やらイタリアものやらかかります。
*追記 さすがに聞けなくなってました。ので、試聴先を変えときます。

Adrian Stern: Alles Was Du Wotsch――スイスの。せつない感じがよし。声も好きかも。

Baschi: Irgendwie Wunderbar―――これもスイスの。ちょっとしぶめか。サビが耳に残る。

・Christina Stürmer: Ich lebe―――オーストリアの。ドイツでも売れてるそう。かっこいい声の女性だな。

・Söhne Mannheims/Xavier Naidoo: Und Wenn Ein Lied ――ドイツで人気。最初はあんまり興味なかったんだけど、何度も聞くうちよくなってきた。だって、マンハイム出身の人たちが集まって、直訳したら「マンハイムの息子たち」って名前で活動してるなんて、日本人の感覚だったら…。ドイツ人はそこのとこどうなの…?

・Nek: Lascia Che Io Sia――――こちらはイタリア。よいなあ。日本でもCD売ってるみたい。同じアルバムをイタリア語とスペイン語で出してるらしい。

・Gloria Estefan: Wrapped
―――キューバ出身だそうです。独特でよい。

・The Offspring: Self Esteem――この曲、好みだな。オフィシャルサイトで一曲まるごと試聴やらビデオも見られる。太っ腹というか自信があるのかな。

« 絵本の情報について | トップページ | 絵に関するニュースをまとめて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメント、ありがとうございます(^^)。
NEKは10年位、ずっと素晴らしい音楽を送り出していますね。ポリスやスティングの影響は明らかですが、でもそれはそれとして音楽の質の高さは誰も異論はないと思います(^^)。
その活躍は、トリノのオリンピックでのライブ・パフォーマンスでも世界中の有名アーティストに混じって歌ったみたいで、本当にめざましい活躍振りなんだと思います。
これからも頑張って欲しいアーティストですね~(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/8842585

この記事へのトラックバック一覧です: ここ何ヶ月でチェックした曲:

» 「Le Cose Da Difendere」- NEK- [大村雅朗Fanサイト管理人の音楽随想記(goo版)]
「Le Cose Da Difendere」- NEK- 2002年 Warner Music Italy 今日は、トリノ五輪フィギュアスケート荒川静香選手金メダル記念イタリア物です(^^)←こじつけかっ?(笑) 嗚呼、イタリア・・・ 思えば、私はイタリア音楽を1960年代の"サンレモ音楽祭"時代から聴いてきたように思います(←モチ、幼い頃ですよ〜(^^;)。決定的にハマったのは70年代に(I) POOH/... [続きを読む]

« 絵本の情報について | トップページ | 絵に関するニュースをまとめて »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック