« 動詞の活用練習法? | トップページ | hinterwitzig »

愛称

 だいぶ前に翻訳関係のサイトで、愛称の話が出てました。なんかこっ恥ずかしい呼びかけありますよねえ、英語とかには。ドイツ語にもあるんですけど。それ、どうしてます?ってものでした。サイトの主の翻訳家さんは、その受け答えのあとに、愛猫の呼び名をいくつか挙げて、かわいいとそうなると書いてました。あー、なるほどー。前から、どうなのよ?と思ってたのですが、それを読んで、それならわかるわあ、という気持ちになりました。
 うちには犬がいまして、名を長谷川風太といいます。はい、あの立ち上がるやつと同じ名です。あのときは、愛犬の名前が新聞やテレビで活字になってるのを見て、家族にどよめきが上がりました。で、うちの犬も二桁にのぼる呼び名を持ってます。
 よくあるところで「ふうたん」に始まってここいら辺の活用がいくつか、むく(毛がむくむくしてるからと祖父が勝手につけた)、かわいこわん、いこちゃん(いいこだから)、わがこ(わがままだから)、さんてん(顔の毛が白っぽいのでちょっと離れて見ると、目や鼻がみっつ点になって目立って見えるから)、はなぐろ(「腹黒い」とかけて「もー、鼻黒いんだから」とか使ってます。でも腹黒くはないよ)など。
 この間テレビでダコタという名犬を見たので、ダコタと呼んでみたがだめだった。うーん、こうして見ると意味を説明しないとわからないようなのばかりだな。あまり参考にならない。しかし、愛称で呼ぶ気持ちが少しわかったのでよかったです。
 ちなみに私は下の名前をいじって「はや」と呼ばれてました(一部で今も)。環境が変わって本当の名前+「ちゃん」で呼ばれるようになったとき、しばらくは「それ、私のことか」と妙な距離感がありました。
 a0000246
風太です。これ、ちょっと顔が違うので他のがよかったんだけどなー。なぜかうまくいかなかった。

« 動詞の活用練習法? | トップページ | hinterwitzig »

ドイツ語、翻訳など」カテゴリの記事

コメント

風太君可愛い!何犬ですか?でも、二桁に上る名前とは、皆さんに愛されている証拠なんですね。ちなみに私、昔激やせだったため「きゅうり」と呼ばれたこともありました。そんな昔が懐かしくなるほど現在肥満体のおばさんです。

ありがとうございますー。そういう言葉を待っていたのはばれてるでしょうが、でへへ、やはりうれしいですねえ。Kaninchenさんのご実家のゼスターくん、あのこもかわいい! お世辞ではなく。犬はいいですよねえ。あ、風太は雑種です。
「おーい、きゅうりー」とか呼ばれてるところを想像すると、何か面白い…。でも、音的にはかわいらしい…。
そうそう、Kaninchenさんのところに書きにいこうと思ってたんです。そのお名前、私も「うさぎ」だと思ってました。で、ドイツで携帯に自分の番号をHaseで登録してるのを見られたときに、「なんでうさぎなの?」と聞かれてものすごく恥ずかしい思いをしたことを思い出しました…。

 これが、あのはやっち(←フフ)がドイツにいたときに、いつも気にしていたその張本人、風太くんでありますか!!かーーわぃー!!ぎゅっとしたくなるね。
 あ、葉書きありがとう!!昨日届きました。嬉しいよー☆☆☆久しぶりのはやっちの直筆を拝見いたしまして、懐かしい気がしました。

はい、ぎゅっとしていやがられてます!!
おう、はがき届いたかー。ちゃんとついてよかった。こちらこそどうもでした。いやー、久しぶりにはがき書いて、自分の字のまぬけさに力抜けたよ。
あ、体。移動続いてたしねえ。どうぞお大事に! 無理しないでねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/5594651

この記事へのトラックバック一覧です: 愛称:

« 動詞の活用練習法? | トップページ | hinterwitzig »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック