« 本 "Der Ausbruch" Petra Hammesfahr | トップページ | ドイツ関連催し物 »

東京国際ブックフェア2005

 7月7日~10日に東京国際ブックフェア2005が行われるそうです。
 一般公開は10・11日。今年は「日本におけるドイツ年」ということで、「ドイツパビリオン」なるものがあるとか。当然それ以外にも、書籍の割引販売、ドイツ出版社が多数出展、語学教育コーナー、洋書バーゲンセール(ドイツ語もあるのかなあ…?)など見所が。
 フランクフルトブックメッセに行ったことがあって、そのときは(自分の知識の無さから?)期待していたほど楽しめなかったんです。だから、これも行く気はなかったんだけど、こうしてみると新刊を手にとって見られる機会だし、行ってみようかな。

« 本 "Der Ausbruch" Petra Hammesfahr | トップページ | ドイツ関連催し物 »

ドイツ語、翻訳など」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、contraと申します。
ドイツ語翻訳に興味があり、映画『タトゥー』の検索でこちらのブログが引っかかって以来、度々覗かせていただいておりました。

「東京国際ブックフェア」、かれこれ3年ほど前に行ったことがありますが、連れがドイツ語版の『ドラゴンボール』を購入していました。
今回はドイツブースも出来ることですし、もっと多岐にわたった分野の書籍が販売されることを願っていますが…さてどうでしょう?

そういえば、現在丸の内オアゾの丸善でも洋書バーゲンセールが行われています。5日までだったでしょうか、先日紹介されていたHammesfahrも(一冊だけ)ありました。

日本でも、もっと気軽にドイツ語書籍が手に入るといいですね。

contraさん、はじめまして。
実は、友人/こちらから話しかけた人以外でコメントいただくのは初めてで、うれしいです。早速ブログ拝見して、リーダーに入れておきました。翻訳のお仕事をなさってるんですね。

丸善の洋書バーゲンでHammesfahrがありましたか! てことは、ブックフェア期待できるでしょうか。東京のブックフェアでドイツ語版ドラゴンボールが売ってるとは面白いですね。

本当に日本でももっとドイツ語書籍が手にできればありがたいのですが。ネットで買えるようになったとはいえ、できれば本は手にとって中も見たいです。

わざわざブログをご覧頂き、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします!

私はドイツ語に関わる仕事がしたいと思いつつ、翻訳はまだまだ駆け出しも良いトコです。長谷川さんのブログを拝見して、翻訳学校に通った方がよいのか思案中だったりします。

…なんて言いながらもブックフェアの入場券は、自称「翻訳家」ということで、しっかり(ちゃっかり!)無料で入場券を送って頂きました…。公式サイトでは「抽選でプレゼント」とあったのですが、即返信がきましたよ。週末が楽しみです。

ドイツ語書籍の販売量について、本当はあまり期待は抱かないほうが良いのかもしれませんが、思う存分実物を手にとって、パラパラパラ…とやりたいものです。

こちらこそお願いします。いろいろ情報交換できるといいですねー。

翻訳学校は、間違いを指摘されるもそうですが、課題が出るというのが私としてはいいです。無いとついさぼってしまいますので…。

私も無料券手に入れました! 今日届いたゲーテのメルマガによると、日曜にサッカーのブッフバルトが来るそうです。ドイツ語の本を手にとってじっくり見られるか、どうか。でも、向こうの本は高いですからね、もし買えたとしてもそんなには買えないのがまた哀しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/4806069

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際ブックフェア2005:

» わくわくする日 [tabula rasa]
どうやら先週末あたりから、この日が来るのを待っていたようだ。 とはいっても何かのアーティストのコンサートに行くとか、久々のデートとかじゃなく、 「東京国際ブックフェア2005」なのだが。 初めて行ったのはかれこれ3年ほど前。要はあらゆる出版社・出版関連会社が集まって、 自社製品を売り込む場なのだけど、サイン会や講演会などのイベントもあるし、どこのブースも 書籍は大抵2??3割引で購入できるのがウレシイ。それから洋書バーゲンセールも外せない。 オマケに今年は「日本におけるドイツ年2005/2006」と... [続きを読む]

« 本 "Der Ausbruch" Petra Hammesfahr | トップページ | ドイツ関連催し物 »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック