« サッカー | トップページ | コンフェデレーションズカップ »

Music Baton

 「ドイツでペンギンと暮らす毎日」のさばさんからMusic Batonというのが回ってきました。名前の通り、音楽に関するいくつかの質問に答えて、次へ回すというものらしいです。普段こういうのにあまり乗らないけど、名指しされたのが単純にうれしかったので乗ってみよう。

・Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
 パソコンに曲はほとんど入れてないんだよなあ。228MB。

・Song playing right now (今聞いている曲)
 ネットラジオ聞いてます。ドイツのラジオ局DASDING。ほとんど音楽。ちなみに今かかってるのは、Oasis の"Lyla"。

・The last CD I bought (最後に買った CD)
 何だったかなあ? しばらく買ってない。よくわからないので、一番最近借りたCDを。今ごろですが、Sean Paulの"Dutty Rock"。前から気になってたけど、いつも聞かない系なのでぐずぐずしてたら図書館にあったので借りた。ちなみにドイツのラジオでは、ドイツ語読みで「ジョーン」と呼ばれてること多し。私の名前はよく「ハゼガヴァ」と読まれた。濁点多いなー…。

・Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
 うーん、これは迷うなあ。

"Strange Attraction" イギリスのバンドThe Cureの"Wild Mood Swings"より。なぜかドイツではだめで日本のアマゾンで試聴できた。
 キュアーは特別に好きなバンドなので、アルバムごとものすごくよく聞いているが、その中でもこれは「あきたらどうしよう」と思いつつも繰り返してしまう。同じ歌詞の意味が最後に変わるとこなんて何回聞いてもくらっとする。

"Otherside" Red Hot Chili Peppersの"Californication"より。 試聴
 切ない感じがすごく好きだ。ちなみによく聞くラジオDASDINGではレッチリが結構かかる(最近はあんまりか)。アルバムが出たときすごくて、聞いたら半分くらいはラジオでかかってた。

"Du bist den ganzen Weg gerannt" ドイツのバンドTomteの"Hinter All Diesen Fenstern"より。 試聴
 これも切ないですね。切ない感じのする歌、好きなんです。アルバム名はこの曲の歌詞からきてる。「この窓全部の向こうに人間がいる」ってとこ。この曲名は日本語にしにくいなあと見る度に思う。ganzがくせもの。

"Van den Budenmayer Concerto in e minor (SBI 152) Version 1798" 映画「ふたりのベロニカ」サントラより。作曲ズビグニエフ・プレイスネル。サントラではなくて試聴できるCDをリンク。
 映画も曲もすごく好きだ。サントラはフランス版しか出ていないようで手に入れるまで大変で、映画をそのままテープに録ったのを聞いていた。キェシロフスキ監督作品はとても細やかなので、繰り返して観たときにやっと歌詞の意味に気付いてさらにやられた。5月23日に亡くなられた岡枝慎二氏がこの作品も訳しています。

「call」 オフコース。色んなとこに入ってると思うし、試聴できるとこわからないのでリンクなし。
 最近の傾向として洋楽が多いですが、邦楽ももちろん聞きます。「音」方面に知識も技術もない私は、その点に関してはもっぱら感覚で聞いていますが、言葉好きなので日本のものだと、日本語の扱いや歌詞のストーリーについ耳が向きます。こっことか好きなのはいろいろある中で、これを選んでみました。電話での会話、それも男性の方のみの言葉で展開していき、それで最後に…。オフコースの、歌詞の一部と曲調でがらりと変わる、そういうとこ好きです。

・Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)
 さて、ある意味これが一番難しい……。ブログとか持ってる人で、こういうの持ちかけても平気そうなとこ。となると心当たりはあまりない。何人かだけでもと思ったが、うむ、いっそ回すのよしてしまおう。 あのー、もし自分も書いてみたいって方いたら、どうぞ書いてください。知らせていただいてもいただかなくても結構なので。ブログないけど書いてみたいって方いらしたら、コメント利用してください。

« サッカー | トップページ | コンフェデレーションズカップ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

バトン渡してしまってすいません。書いていただいてありがとうございます。

結構ドイツのポップスを聴いてらっしゃるようですね。Tomte は、私もかなり好きです。以前雑誌のおまけCDに、Tomte の「Du bist den ganzen Weg gerannt」のライヴバージョンが入ってたんですが、凄くカッコ良くてたまりませんでした。同じCDには、Weezer やMando Diao とかも入ってたんですが、Tomte が断然カッコ良かったです。

さばさん、コメントありがとうございます。これ書くの結構楽しかったです。
ドイツのラジオをよく聞いてまして、ドイツ語の歌が流れると「お、ドイツ語?」って反応しております。だからさばさんのお好きなWir Sind Helden、Silbermondなども多少聞いてますよー。ラジオで聞いてると、なかなか誰の何て曲なのか覚えられないのですが、最近はなるべくサイトでチェックするようにしてます。
ところで。Tomte好きなんですねー。おまけCDにライヴバージョンとはうらやましいです。「Du bist~」いいですよね。ライヴ行ってみたい…。

バトンありがとー。ブログに書いてみました。
長谷川っちの記事をトラックバックしようと思ったんだけど、
拒否通知が出てしまいます。どうしてだろう?

忙しいのに、書いてくれてどうもー。
書いてあった曲、後で試聴してみるわ。私は今、音楽と本の幅を広げようとしております。
トラックバックうまくいってないみたい。なんでだろ…?
ライヴ今週末に行くんだね。ロンドンとあわせて楽しんできてねー。

はじめまして!
よかったら是非、シルバーモントのシンフォニーやOhne dich、das bestの歌詞を日本語訳していただけないですか?!

私達は、シルバーモントの大ファンです。


お返事おそくなってすみません。
いまごろ返事書いても、それが届くかあやしいところなんですけど…。

えーと、さすがに全部訳すわけにもいかなそうなので、Ohne dichについて少しだけ書きます。
ご想像どおりかと思いますが、別れてそんなにたってない人の歌みたいです。サビのところをとてもざっくり訳しますと、
あなたがいなくても平気/元気ならいいけど、わかってる、そうじゃない、あなたがいないと
みたいな感じでしょうか(このわかりやすい部分訳しても意味ないかも…)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/4683236

この記事へのトラックバック一覧です: Music Baton:

» Musik Baton [くま(ぼぅ)の、今日もビッテ!]
http://minamho.exblog.jp/3041175/ [続きを読む]

» ミュージックバトン [あうがるてんしゅとらーせ]
Makischanさんからミュージックバトンが回ってきました。 質問1.コンピュータに入っている音楽ファイルの容量 1GB弱。ただし、曲数は非常に少ないです。WAVファイルがほとんどで容量がデカイだけ。 質問2.今、聞いている曲 今は、扇風機の音しか聞こえな...... [続きを読む]

« サッカー | トップページ | コンフェデレーションズカップ »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック