« 今日の情報 | トップページ | 今日の情報 »

ドイツ音楽(ごく一部限定)

 「ドイツ音楽」とか銘うってますが、すみません、あんまり詳しくないです。
 インターネットラジオ聞いてるので、曲はある程度聞いてるのですが、余程気に入らないとミュージシャン名とかチェックしないので、曲と名前があまり一致しません… 
 「今ドイツではドイツ語の歌が流行ってる」とか「今人気なのは誰と誰と~」とかは、日本語で意欲的にドイツ音楽を紹介してる素晴らしいブログ「ドイツでペンギンと暮らす毎日」を見つけたので、そちらを読むといろいろわかります。ちょうど最近、「ドイツポップス紹介」という連載が始まったところです。

 というわけで、ここではごく私的に自分が気に入っている2ミュージシャンのことを書いてみようと思います。
 ひとつは、5・6年前ドイツで見つけたVegaです。アルバムが出たばかりで、おすすめの試聴コーナーに置いてあって―― ドイツではドイツ語の歌って意外と少ないけど、曲名とかドイツ語になってるなあ、ジャケットの感じとかも波長が合いそうな気がする…と聴いてみたらよかった。男女のデュオ。フィーチャリングで歌もはいるラップ、といってもソフトな感じでいわゆるラップではなくて、ジャンル分けはしにくいですね。
 かなり気に入って、その後もネットで調べたり、ドイツに行ったときCDを探したりしたのですが、どうやらもう活動してないようです… うう、残念。

 もうひとつはTomte。バンドです。こちらは2年ほど前、ニューアルバムが出たとかでラジオでよくかかっていて知りました。これはオルタナになるのかなー? 歌い方というか雰囲気というかがYO-KINGに似てる、というのが第一印象(未だ賛同者なし)。去年辺りかかりまくっていたSportfreunde Stillerとも近しいところがありますかね。アマゾンで音符マークのついているのは試聴できるので、興味のある方はこちらどうぞ。(このへんはお店でも試聴ができるドイツならではなんですかねえ? うれしいシステムです)。
 このTomteが去年、ドイツのミュージックフェスで私の愛聴するイギリスのバンドThe Cureと同じに日に出てまして、本気で行こうかと思いました。両方とも切なさを感じさせるところがあって好きです。

 そういえば。たまたま日本のラジオで、ドイツで人気のSöhne Mannheimsがかかっているのを聞きました。「え? 日本進出?!」と興奮しましたが、よく聞くとNHKドイツ語講座に出てたSascha氏のラジオでした。ドイツの曲を紹介してるんですね。

« 今日の情報 | トップページ | 今日の情報 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

大変遅ればせながらで申し訳ありませんでしたが、こちらからもトラックバックを返させていただきました。

Vega というバンドは、私は知らないのですが、Tomte は、インディーズバンドの中では、わりと知られている存在のように思います。名前は、結構あちこちで見かけるので。

ドイツのアルバムは、Amazon でたいてい試聴できるので便利ですね。と言うか、試聴できないようにしている日本がおかしいのですが。

さばさん、コメントありがとうございます。
こちらにまできていただいて、どうもです。

Tomteってインディーズになるのですか。前のアルバムがもう2年くらい前だったので、そろそろ新しいのが出ないかなーと待っています。Wir Sind Heldenのニューアルバムよかったとお書きになってましたね。ドイツ語の響きも好きなので(慣れでしょうか?)、ドイツ語の歌が増えてるのはうれしいです。

アマゾンの試聴、本当になんで日本のはできないのでしょうねえ…?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/3599141

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ音楽(ごく一部限定):

» 連載(1) ドイツポップスの奇跡 [ドイツでペンギンと暮らす毎日]
今回から連載で、ドイツポップスの紹介を始めようかと思います。第一回目は、ドイツ語ポップスニューウェーブについてご紹介します。 ドイツ語ポップスニューウェーブというのは、2003年Wir Sind Helden ヴィア・ズイント・ヘルデンの大ヒットを先駆けとして、2004年にドイツ語で歌うアーティストが続々と大ヒットを飛ばすようになった、ドイツ語で歌うわれるドイツポップスのブームのことを言います。実は、このブームは、特に決まった... [続きを読む]

« 今日の情報 | トップページ | 今日の情報 »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック