« なぜ翻訳? | トップページ | リンク »

ドイツのGoogle

 ドイツ語特有の文字、ウムラウトä ö üとかエスツェット ß 。この手の文字が打てないパソコンなどではそれぞれ代わりに ae oe ue ss と打つことになってます。これが検索するときなかなか困りものなんですよねえ。
 ドイツのサイトはその辺り対応してまして、aeでいれてもちゃんとäもひろってくれます。そのため、この手の文字がはいってる語を調べるにはドイツのGoogleが便利(別にGoogleじゃなくてもいいのか)。
 例えばDoris Dörrie(ドーリス・デリエ ドイツの映画監督、作家)を調べるとして――
     doerrieといれると → dörrieもdoerrieも
     dörrieといれると → dörrieもdoerrieも
両方一挙に検索されると。日本のだとさすがに検索かけたほうしか出てこないです。
 で、「日本だとどうだろ?」って思ったときは、ここに日本語でキーワードたしたり、検索オプションで日本語選んだりすると、日本のGoogleで探すより楽な気がします。ウムラウトとかある語は、ですが。

*その後気付いたのですが、動詞なんかだと残念なことにあまりひろってくれないようです。

« なぜ翻訳? | トップページ | リンク »

ドイツ語、翻訳など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/3480636

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツのGoogle:

« なぜ翻訳? | トップページ | リンク »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック