« 観劇「三文オペラ」 | トップページ | 目次―映画・音楽など »

目次―本

<読んだ本>  他にもあるけど。( )内は読んでない本です。 2011年11月更新

Alt, Sabine ザビーネ・アルト
・Vergiss Paris  *主人公の内面がとにかくぐちゃぐちゃ
Bauer, Jutta ユッタ・バウアー  *絵本作家
・(Opas Engel)/いつもだれかが…
Bittrich, Dietmar
Das Gummibärchen-Orakel/HARIBO占い
Degen, Michael
・Nicht alle waren Mörder
Dörrie, Doris ドーリス・デリエ  *映画監督としても有名
・Bin ich schön?/あたし、きれい?  *映画「アム・アイ・ビューティフル?」原作
・Happy
・Das blaue Kleid
Dürrenmatt, Friedrich  *スイス
・Der Richter und sein Henker/(裁判官と死刑執行人)(『嫌疑』収録)  *ドイツ語圏ミステリーの古典的名作
Ende, Michael ミヒャエル・エンデ
・Momo/モモ
・Die unendliche Geschichte/はてしない物語
Erlbruch, Wolf ヴォルフ・エァルブルッフ  *絵本作家
(Ente, Tod und Tulpe)/死神さんとアヒルさん
Fitzek, Sebastian セバスチャン・フィツェック  *「ジェットコースター」サイコスリラー
(Die Therapie)/治療島
・(Das Amokspiel)/ラジオ・キラー
・(Das Kind)/前世療法
・(Der Seelenbrecher)/サイコブレイカー

Franckh, Pierre ピエール・フランク
・(Erfolgreich wünschen)/宇宙に上手にお願いする法
Funke, Cornelia コルネーリア・フンケ
・(Gespensterjäger auf eisiger Spur)/ゴーストハンター 氷の足あと
・(Gespensterjäger im Feuerspuk)/ゴーストハンター 炎の妖怪ホテル
・(Drachenreiter)/竜の騎士
・(Herr der Diebe)/どろぼうの神さま
(Tintenherz)/魔法の声  *Tintenwelt 三部作の第一作
Tintenblut/魔法の文字  *Tintenwelt 三部作の第二作
Gercke, Doris
・Die Frau vom Meer
Haas, Wolf ヴォルフ・ハース  *オーストリア
・Der Knochenmann
(Komm, süsser Tod)/きたれ、甘き死よ
Hammesfahr, Petra ペトラ・ハメスファール
Der stille Herr Genardy
・Der gläserne Himmel
Die Sünderin/記憶を埋める女
Der Ausbruch
Heine, E. W. E・W・ハイネ
・(Kinkerlitzchen)/まさかの結末  *ショート・ショート・ストーリー
Hesse, Hermann ヘルマン・ヘッセ
・Siddhartha
Kürthy, Ildikó von
・Mondscheintarif
・Herzsprung
・Freizeichen
Leky, Mariana
・Liebesperlen
Pirinçci, Akif アキフ・ピリンチ
・(Felidae)/猫たちの聖夜
Preußler, Otfried オトフリート・プロイスラー
・Thomas Vogelschreck
・Der Räuber Hotzenplotz/大どろぼうホッツェンプロッツ
・Neues vom Räuber Hotzenplotz/大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる
・Hotzenplotz 3/大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる
 *ホッツェンプロッツ関連の回→ドイツ語のきっかけ ホッツェンプロッツ
Richter, Andreas アンドレアス・リヒター
Mobile  *ホラー
Ritzel, Ulrich ウルリッヒ・リッツェル  *ドイツ・ミステリー大賞を2度受賞
・Der Schatten des Schwans
・Schwemmholz
・Die schwarzen Ränder der Glut
Schenkel, Andrea Maria アンドレア・M・シェンケル
・(Tannöd)/凍える森
Schirach, Ferdinand von フェルディナント・フォン・シーラッハ
Verbrechen/(犯罪)
Schlink, Bernhard ベルンハルト・シュリンク
・Der Vorleser/朗読者
Schwerdtfeger, Malin
・Leichte Mädchen
・Café Saratoga
Spielberg, Christoph クリストフ・シュピールベルク
・(Die russische Spende)/陰謀病棟
Süskind, Patrick パトリック・ジュースキント
・(Das Parfum)/香水
Thiesler, Sabine ザビーネ・ティースラー
・(Der Kindersammler)/チャイルド・コレクター
Walser, Martin マルティン・ヴァルザー
・Ohne einander

・ベルリン・ノワール  *暗黒小説アンソロジー
・Iss was  *食がテーマのアンソロジー
・Märchen aus der Schweiz  *スイスのメルヒェン集
・Reclams Filmführer  *映画大全
・Filmregisseure  *映画監督大全
・Deutsche Grammatik/(現代ドイツ文法) Gerhard Helbig / Joachim Buscha  *文法書の古典
・Duden Das Bilderwörterbuch  *絵でひく辞書
・本の雑誌 "Bücher"
独語版「よしもとばなな」 "Kitchen" "N・P" "Amrita"

・リーディングで読んだ本――2冊(思考トレーニング、占い)
・原書を参照しつつ情報をまとめた本――5冊(歴史ミステリー、ビジネス、自己啓発、科学史、スピリチュアル)うち1冊は出版決定

<これから読む本>

・Tintentod  *三部作の最終作。邦訳出ないのかな・・
・Schneewittchen muss sterben  *出せばヒットの Nele Neuhaus。創元社から邦訳出るらしい!
・In weißer Stille
・Sorry  *早川で出た! 『謝罪代行社』
・Die Spur der Kinder
・So schön wie hier kanns im Himmel gar nicht sein  *亡くなった鬼才シュリンゲンズィーフの闘病?記
Zehn  *女優フランカ・ポテンテの初小説。舞台は日本
などなど

<ドイツ(語)、翻訳関連本など>

・英語の感覚・日本語の感覚  池上 嘉彦
・英語のたくらみ、フランス語のたわむれ  斎藤兆史、野崎歓
エクソフォニー-母語の外へ出る旅-  多和田葉子
・古書修復の愉しみ  アニー・トレメル・ウィルコックス 市川恵里 訳 *著者とその師と訳者から仕事の姿勢を学べる
・ドイツ おもちゃの国の物語  川西芙沙 文、一志敦子 絵
・ドイツ・会話と暮らしのハンドブック  渡辺・レグナー嘉子
ドイツ語情報世界を読む―新聞からインターネットまで  伊藤光彦
・ドイツ語のスタートライン  在間進  *最初の1冊に最適(旧『メモ式ドイツ語早わかり』)
ドイツの街のおいしいパンをめぐる旅  山本尚子 文、 岩崎麻由子 写真
日本語文法整理読本
・ポプラ社 赤木かん子編 ホラーセレクション *古今東西の短編をテーマ別に。翻訳も勉強になる
                  リトルセレクション
・翻訳の原点―プロとしての読み方、伝え方  辻谷 真一郎 *文中での単語の情報量
・「学ぶ」から「使う」外国語へ  関口一郎
・和文独訳のサスペンス―翻訳の考え方―  田中敏 / W.E.シュレヒト

« 観劇「三文オペラ」 | トップページ | 目次―映画・音楽など »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56001/4574686

この記事へのトラックバック一覧です: 目次―本:

« 観劇「三文オペラ」 | トップページ | 目次―映画・音楽など »

プロフィール

  • ぐんまでドイツ語を訳したり教えたりしてます。実務、出版、リーディング、チェック、いろいろします。名前はとりあえず はせ で。

    ドイツ語に興味を持ったのは、『ホッツェンプロッツ』を読んだのがきっかけ、でしょうか。
    読んだドイツ語本のリストはこちら

    出版翻訳について知りたいなら
    翻訳家のひよこ(ひよこの心得)
    ドイツ語圏のミステリーなら
    ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』
    がおすすめです。くりかえし読んでます。

    メールは hasefutaあgmail.com まで。

    <訳書>

    裏話はこちら

無料ブログはココログ

最近のトラックバック